オイコスの会の紹介

  • HOME »
  • オイコスの会の紹介

市民が「知的武装」して、時代の転換期を賢く生き抜く

 人類はいま、大きな転換期にさしかかっているようです。1990年に東西冷戦が終結し、リベラル民主主義が長い長い戦いに勝利し、歴史に終止符が打たれたと告げられました。しかし、その後世界はますます混沌とし、民族や宗教の対立を背景にしばしば「非対称な」戦いが各地で繰り広げられています。
自由主義の国々の間でも、グローバル経済の下で「戦争」ともいえるほどの競争が繰り広げられ、国家安全保障のために金融インテリジェンスが活躍する時代となりました。トマ・ピケティが『21世紀の資本』で明らかにしたところによれば、資本主義はしかるべく制御されないかぎり、際限もなく経済的不平等を拡大してしまいます。
 私たちは、こうした時代の転換期をどういう視点で読み解き、どのように生き抜いていけばいいのでしょうか。私たちが、仮に社会的弱者であっても、生活者としてより強く、より賢く生きていくためには、巷に溢れる情報や知識の断片を貪るだけでなく、それらの中から確かな事実を識別し、思慮深く読み取り、自らの頭で考えていく努力をしていかなければなりません。
 こうした考えに立ち、私たち市民の「知的武装」を助けるための勉強会として、「オイコスの会」が企画されました。「オイコス (oikos)」は、経済(economy)とエコロジー(ecology)という、一見相反するかに見える二つの言葉の共通の語源であり、古代ギリシャ 語で「家」という意味です。この「家」には、多様な人たちが集い、政治や経済の基礎を学び、原理を知り、相反するものの接点を発見し、新しい見方を身につけるなかで、さまざまな「共生」の在り方について考えていきます。
 「オイコスの会」は現在、@京都と@東京、ふたつの勉強会の場を持ち、それぞれが独自に、かつ協力共存する形で、私たちの生活を取り巻く身近な問題をめぐって総合的にアプローチしています。
人間や世界を知る喜びが、必ずや賢く生きる智慧に繋がっていくと確信しています。

 

organization_chart

 
共同代表(主宰者)

堀 茂樹(ほり しげき)
慶應義塾大学総合政策学部教授(兼 政策・メディア研究科委員)
専門は20世紀フランス思想を中心とする西洋思想史であるが、特に現代フランス文学の翻訳家として知られており、主要訳書に、アゴタ・クリストフ『悪童日記』三部作、アニー・エルノー『シンプルな情熱』他(以上、早川書房)、シモン・レイス『ナポレオンの死』(東京創元社)などがある。そのほか主要著作に『グローバリズムが世界を滅ぼす』(共著/エマニュエル・トッド、ハジュン・チャン、柴 山桂太、中野剛志、藤井聡、堀茂樹 文春新書 2014年)、「フランスのフェミニズムと文化的伝統 ― 普遍性と差異をめぐって」(『大航海』No.44, 2002年10月号)、「パリテ論争 ― 市民に性差はあるか? ― 」(『普遍性か差異か ― 共和主義の臨界 ―、 フランス』三浦信孝編 藤原書店、2001年)、「メリトクラシー再考 ― トマ・ピケティ『21世紀の資本』を読んで ― 」(『現代思想』2015年1月臨時増刊号)などがある。『帝国以後』等の著作で知られる エマニュエル・トッド氏と懇意で、氏の来日時には講演やインタビューの通訳も務めている。日本に数少ない、近代政治理念や政治哲学を語れる文化人。近年、日本の政治状況を憂慮してツイッターでの発信を強めている。

ブログ(堀茂樹のブログ、あるいは不敬の義務:http://irrespect.txt-nifty.com
ツイッター:@hori_shigeki

岩本沙弓(いわもと さゆみ)
金融コンサルタント/経済評論家 Office 『W・I・S・H』代表。大阪経済大学経営学部客員教授
青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課修了。1991年より日・米・加・豪の金融機関にてヴァイス・プレジデントとしてトレーディング業務に従事。 日本経済新聞社発行のニューズレターに7年間、為替見通しを執筆。金融機関専門誌『ユーロマネー』誌のアンケートで為替予測部門の優秀ディーラーに選出される。現在、為替・国際金融関連の執筆・講演活動の他、国内外の金融機関勤務の経験を生かし、参議院特別委員会にて参考人として出席するほか、学術講演会、政党関連の勉強会、新聞社主催の講演会等にて、国際金融市場における日本の立場を中心に解説。主な著書に、『あなたの知らない日本経済のカラクリ〜〔対談〕この人に聞きたい! 日本経済の憂鬱と再生への道筋』(自由国民社 2014年)、『アメリカは日本の消費税を許さない—通貨戦争で読み解く世界経済』(文藝春秋 2014年)、『経済は「お金の流れ」でよくわかる—金融情報の正しい読み方』(徳間書店 2013年)、『バブルの死角—日本人が損するカラクリ』(集英社 2013年)他多数。

オフィシャルサイト:https://www.sayumi-iwamoto.com
ツイッター:@sayumi_iwamoto

 
@東京事務局
事務局代表:大木啓司
メールアドレス: koki@stop0420.sakura.ne.jp

@京都事務局
事務局代表:森田友企子
メールアドレス: jaquie@live.jp

PAGETOP
Copyright © オイコスの会 All Rights Reserved.